スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から・・・

東京 に研修にいってきまーす。

二日間はびっしりと海外旅程管理者の講習を受けて、それから試験をして、受かれば正式に?

主任海外添乗員として皆様をお連れすることができます。頑張ります。それが終われば、東京

情報収集に方便してまいります。スカイツリーや新しくなった羽田空港、下町の穴場など、

楽しい情報や旅行を提案できるように、探しまくってきます。ご期待下さい。(試験が受かればだけど・・)

写真も沢山撮ってきたいと思います。携帯からのブログアップの仕方がわからないので、

帰ってきたらアップします。では。
スポンサーサイト

晴れの日に・・・

ETジュニア さん(寒河江・西村山の長距離の陸上クラブ)

のチャリテー駅伝大会にいってきました。
画像 004
 
参加費をすべて募金するという事で、たくさんの方々が集まっていました。私も、趣旨に賛同し、なにか

できないか考えました。いきなり走る方で参加はちょっと無謀なので、板坂商店(スーパー板坂)の社長と

トン汁の材料(約250人分)提供させていただきました。
画像 003

無料提供ということですが、気持ちを募金でお願いするという事でした。

天気は良かったのですが、風が強くちょっと肌寒かったので、少しは役にたったのかな?

という事で、なぜか大役をおおせつかり下記の写真となりました。

画像 002
スポ小の野球の試合の途中に抜け出したので、場違いなユニホーム姿ですが・・・。

当日は避難されてきたご家族も参加され、また小学生から、強豪高校の陸上部や御父兄チーム等等、

バラエティに富んだ参加チームで、非常にアットホームな大会でした。

いろいろな地域で、『今、私が出来ること』が実施されています。

ETジュニアのスタッフの方、本当にごくろうさまでした。又協力できる機会をいただき、

本当ににありがとうございました。

元気を寒河江・西村山から発信していきましょう。

恥ずかしくないよう生きていこう!

世界中の人々が この日本を見守っています。

以前、載せようと思っていた感動の記事 第2弾です。(毎日新聞から)

<東日本大震災>カンボジア・地雷原の村から義援金とお守り

 カンボジアの地雷原の村から義援金が届いた--。内戦による多くの地雷が残るカンボジアで、綿の栽培や加工によって細々と暮らす人たちから、東日本大震災の被災地への義援金とお守りが届いた。彼らの綿製品作りを支援する日本のNPO法人は「額は少ないかもしれないが、貧しい彼らにとっては大変なお金。苦しい中、日本のことを思ってくれる気持ちに感激した。彼らの思いを被災地に届けたい」と話す。

 義援金を寄せたのは、カンボジアの北西に位置する地雷原の村やプノンペン近郊で、綿を有機栽培し、ストールなどに加工している人たち。多くは、地雷被害で足などを失い、経済的に困窮していた。日本のNPO法人「地雷原を綿畑に!」が09年ごろから彼らを支援、綿製品作りを通じ、徐々に収入が得られるようになっていた。

 義援金は、綿製品作りにかかわる約30人の工賃や染め賃1カ月分など計8万円。カンボジアの貧しい地域の1家族の年収約7万円を超える額だ。プノンペン近郊に住む女性たちは、近くの寺院に通って被災地の人々への祈りをささげているという。地雷原の村に住む人からは「今回の地震と津波で、日本の多くの方が亡くなり、被災されたことに、地雷被害者メンバーはショックと悲しみに包まれています。どうか私たちに、皆様の苦しみを分かち合わせてください」とのメッセージも届いた。

 NPO法人の石井麻木代表は「日本からの支援を受けていた人たちが、逆に支援を申し出てくれた。彼らが深く考えた末の思いやりと考え、義援金を受け取ることにした。彼らのことを誇りに思う」と話す。【永山悦子】


コメントすら出てきません。この想いに恥ずかしくないよう生きていきましょう!

岩手にいってきました。

修学旅行 下見の為に岩手に行ってきました。

福島の原発が落ち着くまで、福島を避けたいという考えから、修学旅行の変更を検討している

学校が増えてきております。今までは、会津・日光というコースでしたが、難しい選択を

各学校とも迫られております。私も、長年会津の方々や、鬼怒川温泉のホテルの方々から、

大変お世話になっており、なかなか難しい問題です。何とか、この問題が解決して、再び

安心して、会津・日光の修学旅行が復活することを祈るばかりです・・・。

 さて、その他の地域で小学校の修学旅行はというと、これがなかなか、難しく、

歴史や体験学習、ちょっと息抜きの施設や大きい宿泊施設があり等々とすべてを満たして

くれる場所は・・・。という事で、岩手に調査にいってまいりました。わざわざ行かなくても

インターネットで調べれば、と言う方もおりますが、本当に現場に行かなければわからない事や、

土地の魅力について、語れない事がたくさんあります。今回も現地に行って、ホテルの方や、

施設の方などと、お話をさせて頂き、実際自分のめで確かめる事ができ、本当によかったと思います。

きっと子供たちに喜んでもらえるようなプランを作成したいと思います。






いざ出発!

いよいよ満を持して 、当社事務の中川が

この非常事態に、営業に行くことになりました。新人営業の大沼と二人で、昨日から打合せを

していましたが・・・。まさか本当に行くとは・・・。嬉しい限りです。社員が危機感をもって

みずから?・・・(決して命令はしていません。)行動をおこしてくれるのは、経営者として、

言葉がありません。負けてられませんね。地震のせいにして、こんな事態だからと、あきらめて、

言い訳ばかりの毎日では、決して前には進めません。もがいて、もがきまくって、そこから見えてくる

ひかり(娘の名前 笑)もあります。今だからこそ、生きる事、生き抜くこと、を心から考えて、

必死に生きていこうと思います。

私の尊敬する、S木M直先生の言葉

『必死とは、必ず、死なないと書くんだ!』

心からの叫びですね。この言葉をこの二人に送ります。必死で頑張ってこい!
携帯 032

この二人がお伺いしましたらよろしくお願い致します。

昨夜も・・・

またかー 。ってゾーッとしました。

昨夜の地震。心が折れそうになりました・・・。多分、被災地の方も大変怖い思いを

したでしょうね・・・。子供たちもあの時の思いが蘇ったのでは・・・。

少しずつ、本当にすこしずつ、前に進んでいるのに・・・。

暗闇の中で、祈っていました。少しでも被害のない事を。

折れそうな心ですが、今こそ『靴が脱げてもあきらめない!』

精神で進んでいきます。頑張れ 東北!頑張れ 俺!

横尾元アナウンサー

本日 二度目のアップです。

ただ今ロータリーから戻ってきました。

今日の講演はYBCの元アナウンサーで現在、家業の漬物屋さん『壽屋寿香蔵(じゅこうぐら)』

の三代目として頑張ってる横尾さんでした。テレビで見るよりも大変美しく、ラジオで聞いていた

声よりも若々しく、非常に元気をもらってきました。大変前向きな方で、すごく輝いていて、

話し方もやはり上手で聞きやすく、そしてすごく明るいかたでした。お店の方も、漬物だけではなく、

和菓子やジャム、お酢etcなどなど沢山バリエーションがあり、カタログを見ても提案のある、

素晴らしいカタログでした。異業種でも大変参考になりました。今度はお店にいってみようと思います。

素晴らしい講演、ありがとうございました。

携帯 031



ところで 旅行会社っぽい情報をひとつ。

東北新幹線の JRパック(東京方面)4月12日から(予定)自由席対応で、発売。

これで少しは東京に行きやすくなりました。(料金もお安く)

時間がまだ未定ですが・・・。

頑張れニッポン! 頑張れ東北! 頑張れ おれ!

祝 娘、息子!

本日 めでたく?娘の高校の

入学式です。そして明日は息子の中学の入学式です。残念ながら、娘の入学式

には、仕事でいけませんが、朝制服姿を見て成長したなとつくづく感じました。

(私の母校なので、娘の制服姿は何か不思議)

娘へ 

高校では、たくさんの友達を作って、高校生活を楽しんで下さい。

バスケットだけではなく、勉強も少々・・・。

そして夢を実現できるように!

息子へ

明日は、入学式にいけるかも・・・。

君の制服姿楽しみにしています。

野球をやると決めたなら、最後まで頑張って下さい。

お父さんも応援しています。

サー子供たちの為にも(妻の為にも・・・?)仕事頑張ります。

忘れてました・・・

いろいろな事 がありすぎてすっかり

忘れていたことがありました。以前ブログにて書いていました頑張れ!M田D吾シリーズ

で登場していた、当社の元社員。看護師になりたく、退職して、看護学校を受験しました。

結果、めでたく合格しました。パチパチ。

本当におめでとう!夢に向かって頑張れ!もう若くないんだから・・・。28歳の挑戦!

すばらしいですね。彼は、すごくまじめで、一生懸命な男だから、きっといい看護師になると

思います。3年間大変だろうけど、心から応援してます。(ブログを見てる方で気になってた方・・・

いないだろうなー) (笑)

決意

何が 出来るか、いろいろな事を

考えていました。創業して間もない赤字会社が、この時代に何が出来るのか・・・

今、私に出来ること・・・。旅行会社に勤めて、いろいろな観光地に行き、沢山

感動してきました。大勢のお客様にありがとうの感謝の気持ちを頂きました。

沢山の笑顔を拝見して感激しました。振り返ってみると、感動、感謝、感激です。

 最近、涙もろく、感動して涙し、感謝の言葉に涙し、感激で涙しています。

当社の今年度のテーマは

『感動、感謝、感激の旅を提案しよう!』

に決定しました。

そして、毎月毎、取扱い人数分、手数料の中から、100円ずつ、義援金として

寄付していこうと思います。期限をとりあえず設けず、この震災で感じた想い、

沢山のニュースや報道で涙した、感動、感謝、感激の想いが続く限り、頑張って

見ようと思います。

新年度

新たな気持ちで頑張ります!

たくさんの元気を、皆様に伝えられるよう頑張ります。

少しでも、復興の為にお役に立てれるような企画を考えていきます。

明るく元気に頑張りましょう!

新年度の私の決意でした・・・。
プロフィール

山形ツーリスト

Author:山形ツーリスト
山形県寒河江市の旅行会社山形ツーリストの代表です。この町が大好きで地元の楽しい情報や旅先のいろんな情報を発信していきます。
㈱山形ツーリスト
山形県寒河江市元町3丁目3-3 302号 
TEL 0237-85-0639
fax 0237-85-0640

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。